neutron-tech.com, usa24.cc のメールアドレスをご利用の皆様へ
4/13/2018: 新プラットフォームへの移行に伴いサーバ名が以下のように変更になりました。設定をご確認の上ご変更下さい。
Incoming Server: chi-node31.websitehostserver.net
IMAP Port: 993 or POP3 Port: 995
Outgoing Server: chi-node31.websitehostserver.net
SMTP Port: 465
NOTE: Authentication is required for IMAP, POP3, and SMTP.

7/7/2018: サーバーセキュリティの強化により安全性に問題のあるメールプログラムやOSからのアクセスができなくなりました。
サーバのセキュリティ強化に伴い 安全性に問題があるプロトコルを使用してのサーバへの接続ができなくなりました。 これにより、TLS1.2をサポートしていないOSやメールプログラムでのアクセスはできなくなります。

例:Windows7でWindowsLiveMail2012をご利用で、TLS1.2が有効になっていない場合、メールサーバへのアクセスができません。 同じ Windows Live Mail2012 でもWindows10でご利用の場合は、問題なくアクセスできます。

古いOSやメールプログラムをご利用で問題が発生した場合は、以下の方法でご対応ください、
1.サンダーバード等 TLS1.2に対応した他のメールプログラムを使用する。
2.Web メールを使用する。
3.最新のOS(Windows10等)にアップグレードする。
4.Windows7/8 の場合、レジストリ等を変更する事により TLS1.2に対応する事も可能です。   こちらに手順を記載させて頂きます

いつもお世話になっております。
 
さてこの度、セキュリティ強化の一環として、SSL経由でない(暗号化されていない)メールサーバへのアクセスを禁止する事となり ました。
 
つきましては、ご利用のEメールプログラムのメールサーバおよびポート番号の設定をご確認の上、
次のようにご変更頂けますようお願い申し上げます。
-----------------------------------------------------------------------------
Incoming mail server(POP3): chi-node31.websitehostserver.net (変更になりました 4/13/2018)
旧設定:server4.websitehostserver.net
    POP3 Port: 995 (IMAP の場合Port: 993 )
Outgoing Server(SMTP): chi-node31.websitehostserver.net (変更になりました 4/13/2018)
旧設定:server4.websitehostserver.net
    SMTP Port: 465
IMAP, POP3, and SMTP require authentication.
-----------------------------------------------------------------------------
※ メールサーバ自体は同じですのでサーバ上のメールが削除されたりする事はありません。
 
※ Webメールをご利用になる場合のURLは以下の通りとなります。: 
  https://chi-node31.websitehostserver.net:2096/
 
もし不明点などありましたら、お気軽にご連絡下さい。
 
以下設定変更例です。

Windows Live Mail をご利用の場合:
※ 文中、testmail@usa24.cc  になっている部分は、ご利用のメールアドレスに読み替えて下さい。
(Email username やパスワードは、変更の必要はありません。)
 
STEP1.Windows Live Mailを開き左側に出ている対象となるアカウントを右クリックしてプロパティを表示する。
STEP2.Servers のタブをクリックし、サーバ名の設定を確認し、server4.websitehostserver.net chi-node31.websitehostserver.net に変更する。
※ 既にserver4.websitehostserver.net chi-node31.websitehostserver.net になっている場合は変更の必要はありません。
Email
          Setting1
 
STEP3. Advanced のタブを開き SSL接続とポート番号を確認、変更する。
 
 This server requires a secure connection (SSL)
の2か所のチェックを入れる、
  送信メールサーバのポート番号を 465
  受信メールサーバのポート番号を 995
に変更する。(すでにこの設定になっている場合は、変更の必要はありません。)
 
Email Settings2
 
Webメールをご利用になる場合のURL: https://chi-node31.websitehostserver.net:2096/


※ ご質問のある方は、 tmocsys@tmocsys.com までEメールにて、もしくは310-652-3531までお電話にてご連絡下さい。

The information contained in this page intended for the users of  T-MOCSYS internet service only.
It may contain certain privileged and confidential  information, or information which is otherwise protected from disclosure.
 If you are not our user, you must not copy,distribute or take any action in reliance on this information.



TSL1.2 対応方法
Windows7 + Windows Live Mail2012 の場合以下の方法で対応可能ですが、レジストリ等の変更が必要となりますので、自己責任にて行ってください。 PCに詳しくない場合などは、この手法を取らず、サンダーバード等新しいメールプログラムをご利用になる事を強くお勧めします。
Follow the instructions below:
a) Update Windows 7/8 using Windows Update and download/install all important updates. For windows 7 is important that you install Service Pack 1.
b) Install KB3140245 and reboot: http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/search.aspx?q=kb3140245
c) Execute the EasyFix and reboot: https://support.microsoft.com/en-us/help/3140245/update-to-enable-tls-1-1-and-tls-1-2-as-a-default-secure-protocols-in
d) Start > Search for Execute, Type Regedit and press Enter to access Windows Registry.
Check this registry key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\Schannel\Protocols
Under the Protocols key, add two new keys, if not already there: One called “TLS 1.1” and one called “TLS 1.2“. Inside both of these keys, add another key called “Client“. Now create a DWORD value in each Client key called “DisabledByDefault” whose value is 00000000.
Reboot and start Windows Live Mail 2012.